人気ブログランキング |

今井ヒロカズ設計事務所

タグ:建築家 ( 18 ) タグの人気記事




広面野添の家

現在施行中 秋田市広面野添の家
柱も建ち始めました。雪の少ない冬で工事もはかどります。
内覧会ご希望の方はご連絡ください。
広面野添の家_e0148212_15365044.jpg




by ihao | 2020-01-29 15:33 | 新築 | Comments(0)

地鎮祭

由利本荘に地鎮祭に行ってきました。
大寒とは思えない好天に恵まれた地鎮祭でした。
2017年に初めてメールで問い合わせがあった案件。
慎ましい木の家を探して私のところへたどり着いたというメールでした。
そう、私の設計する家は派手さはなく、とことん生活に向き合った実直な家を理想としています。
ちょっと昔の言い方だと、チープシック。もっと以前の言い方だと侘び寂び。現代的な言い方ですとスローですか。
ロハスともいいますが、ロハスは使わない様にしています。
ロハスという言葉、日本ではとある雑誌が標章登録していて、下手には発信すると裁判になってしまいますから。
設計から農地転用などいろいろ経てようやく着工となります。
地鎮祭_e0148212_21413053.jpg




by ihao | 2020-01-26 21:44 | 新築 | Comments(0)

平成最後の日

大学卒業し西方設計で仕事を始めた年が昭和64年で平成元年。30年経ったわけで、その頃すでに西方設計では高断熱、高気密の断熱住宅を設計していました。大学卒業したばかりの私は、右も左も分からないまま断熱住宅の仕組みを覚え、それが普通のやり方だと思っていました。私の高断熱住宅の取り組みも30年経ったわけです。始めの頃は高断熱住宅で箱型というか屋根が見えない家は当時存在していなかったので積極的にシンプルのように見えるよに設計しました。シンプルに見えますが今思えば自然の原理に反している訳だからちっともシンプルではない。30年設計してい気付かされた事の一つです。他にもこの30年で色々なことを考え直す様になりました。この業界も、多分他の業界もでしょうけれど表と裏というか、本音と建前のような色々な事情が渦巻いている世界です。有益となる道筋を見つけ出すには経験にもとづく知識、理念がなくてはとんでもないも物になるとつくづく感じています。丁度昨日、設計島の三浦くんが帰省して遊びに来てたので、近況や設計に対する話してつくづく思いました。三浦くんは一時当事務所で働いてもらってました。現在は仙台で独立して、素晴らしい仕事をしています。時代は平成から令和にかわりますが、自然の摂理、原理は変わらない訳ですから、しっかりとした基軸でこれからも仕事をしていきたいと思っています。

平成最後の朝焼けを撮影にMAVICに行ってもらいました。
平成最後の日_e0148212_16262093.jpg
キッチンカーの工事は床貼りまで完成、タイヤハウスの型ぬきでだいぶ手間取りました。ルーターがあれば楽だったろうに。
平成最後の日_e0148212_22145197.jpeg
平成最後の日_e0148212_22151027.jpeg
明日から令和、今後もよろしくお願いいたします。






by ihao | 2019-04-30 16:58 | 近況 | Comments(0)

天王北野の家

天王北野の家が着工
配筋検査が出来るところまで施工され、本日現場確認にいってきました。
小さい家、天気も良いので、どんどん工事も進むと思われます。
天王北野の家_e0148212_17273063.jpg
天王北野の家_e0148212_17292481.jpg





by ihao | 2019-04-18 17:30 | 新築 | Comments(0)

内覧会終了

天王追分の家、内覧会は沢山の来場者で終了いたしました。ありがとうございました。
次回もよろしくお願い致します。

ご来場いただけなかった方の為に完成写真をアップします。

外壁には目線カットのため米ヒバのルーバーを配してます。
ゴーヤなんかを植えて壁面緑化などしたらなおいいと思います。

内覧会終了_e0148212_17414953.jpg
シンプルな切妻屋根は潔さを感じさせます。雨を受けとめ流す事が求められる屋根。自然の原理に基づいた場合、本当にシンプルというのはフラットな箱型の家ではなく、ことではなくこのような形状の事ではないでしょうか。
内覧会終了_e0148212_17431039.jpg
内部は、ナラ材の床、大理石パウダー塗り壁、一部杉板貼り、勾配天井はシナ合板。
内覧会終了_e0148212_17453690.jpg
寝室は床が杉です。外壁面は構造用合板表しの仕上げ。屋根勾配にそった天井の形状で豊かな空間となってます。
内覧会終了_e0148212_17511745.jpg







by ihao | 2019-04-16 18:13 | 新築 | Comments(0)

天王追分の家 内覧会

今週13日・14日内覧会の天王追分の家
完成間近で作業中です。少しばかりお披露目します。
平屋で暮らしに寄り添った計画のこの家、我ながら結構いい出来ですね。是非色々な方にご覧いただきたきたいと思います。大手のハウスメーカーでは絶対にできない質感と値段。地元ビルダーでは絶対にできない(しないというか、つまり手間がかかる)納まり。見応えたくさんです。ぜひこの機会に今井設計のスピリッツをご覧いいただきたいと思います。多分、いろいろな会社の内覧会と全く違うと思います。格好つけるようなためのデザイン優先の事はなく、全ては生活の実のため。それでも雰囲気というか趣はしっかり維持しているつもりです。同時にダブル断熱の高断熱性をも維持しています。これが今井設計では標準。

日差し、目線のカットのため、全面米ヒバの格子となっています。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23064939.jpg
内部は壁が大理石パウダー塗りのリビング。床は藤島林産のナラフロア。天井は榀合板。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23191042.jpg
今回はじめて採用したプルーメンの照明。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23204393.jpg
壁と床の取り合い。突きつけのこのディティールは普通、ビルダーではやりません。理由は手間がかかるから。でも、手間をかけた分、すっきり納まります。このよな些細な事が響いてきて、空間を印象づけています。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23265078.jpg
塗り壁、傷みやすいのでこの場合は掃除機から保護する目的で巾木を回しています。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23315287.jpg
地元コシヤマの木製玄関ドア。もちろん断熱ドアです。今井設計仕様はエスカチオンというプレートが付いています。木製の玄関ドア、指で結構傷が付きやすいのをカバーしています。
天王追分の家 内覧会_e0148212_23300328.jpg










by ihao | 2019-04-09 23:44 | Comments(0)

内覧会のご案内

天王追分の家(潟上市)
完成内覧会を平成31年4月13日(土)・14日(日)
10時から16時で開催いたします。
小さく豊かな平屋の家です。外壁は杉板の縦張り、道路側全面外壁に木製の格子をしつらえ外からの印象を柔らかくまた内部のプライバシーを確保した設計となっています。断熱はダブル断熱、勾配天井、大理石パウダー塗り壁など、仕上がりは通常の今井設計仕様。商品化された建材ではなく、木や板や塗り材など素材を使って構成される空間を体験していただきたく思います。
見学ご希望の方はご予約お願いいたします。
imaihirokazu65@gmail.com
または
0185-70-1500(携帯に転送)
内覧会のご案内_e0148212_14481240.jpeg




by ihao | 2019-04-05 14:48 | 新築 | Comments(0)

国立西洋美術館ほか

満開の桜、インバウンドでごった返す上野公園をぬけて国立西洋美術館へ
ル・コルビジェが設計した国立西洋美術館での企画展はちょうどル・コルビジェ展
国立西洋美術館ほか_e0148212_14125857.jpg
玉石が埋め込まれたコンクリート外壁があたかも空中に浮かんでいるようなファサードは今みても色褪せないデザイン。片持ちの外階段は傷みがあるようで使用中止でした。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14133612.jpg
外壁は目地が切ってあるのですが、垂直方向はズレています。そして水平方向は上層にいくにしたがって間隔が狭くなってました。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14590659.jpg
内部入ってすぐの展示室は自然光が入る吹き抜けの空間。その脇をスロープでのぼりながら進みます。たしか光が一日中安定する北側へ向けられたトップライトだったと思います。
国立西洋美術館ほか_e0148212_15013210.jpg



外にはロダンの彫刻が沢山あります。地獄の門の上には考える人、今でもちゃんと考えてました。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14170023.jpg
ル・コルビジェの企画展でしたが建築家としてより画家としての展示が多く、少しばかり残念でした。常設展の目玉はなんといってもモネの睡蓮、大人気でした。ミロ、ピカソ、レジェなどのもあります。
国立西洋美術館ほか_e0148212_15202250.jpg


場所を移動して表参道、表参道ヒルズは安藤忠雄さんの設計。外観は比較的おとなしいですが内部は三角形の吹き抜けのまわりをぐるぐるスロープで回りながら上がるといった変わったプランです。自分が今何階にいるのかがわからなくなりました。図面を描くのも大変だったと思います。三角の吹き抜けの下は大階段になってました。途中の踊り場にソファがあって座って休めるようになっています。映画ローマの休日に登場するスペイン階段のようです。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14175926.jpg
表参道を挟んで向かい側には伊東豊雄さんのTOD's今でこそ樹形構造といって垂直水平の柱や梁ではなく、木の幹が空に伸びるように斜めの柱が構造体の建物をあちこちで目にしますが、多分これが最初だったと思います。違っているかもしれません。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14183567.jpg
次は乾久美子さん設計「すみだ北斎美術館」その前に両国の駅を出るとドーンとスケールアウトしたかのようにそびえ建つのは菊竹清訓さんの「江戸東京博物間」バランスとかプロポーションとかという言葉がつまらなく感じるほどのスケールに圧倒される建築です。
菊竹さんはメタボリズムの提唱者、メタボリズムはコアの部分はのこして必要な要素をその時その時で増減構築するといった考え。コアとは階段やエレベーター、トイレなどで増減するのは居室などの部屋を示します。理にかなっているようにも思えるが、実際には増減したメタボリズム建築はあるのだろうか。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14193274.jpg
乾さんのすみだ北斎美術館。外からは窓らしきものもなく、シルバー塊をV字に切り取った感じの建築というより現代彫刻といったほうがよさそうな建築。外壁のアルミのパネルはオープンジョイントといってこのパネル自体での止水(雨水)性ななく表層を整えるための素材。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14204566.jpg
国立西洋美術館ほか_e0148212_14342084.jpg
柳沢孝之さん設計の東京現代美術館、こちらは先月リニュアルオープンしたようです。V字柱が並ぶエンロランスホール。建物はとにかく伸びやかで広い。吹き抜け、中庭、外構までもお金がかかってる感じひしひしと伝わってきます。完成してから20年以上たっていますが、古さを感じさせないすばらしい建築です。
国立西洋美術館ほか_e0148212_14555046.jpg
国立西洋美術館ほか_e0148212_14504352.jpg
国立西洋美術館ほか_e0148212_14513995.jpg












by ihao | 2019-04-04 15:39 | Comments(0)

rakra 大人のための北東北エリアマガジン

rakra 大人のための北東北エリアマガジン
2019年3・4月号 「もっと自家焙煎コーヒーを。」
2月25日発売になります。
設計士の小さなお店ということで当店「匙」も掲載されております。
よろしかったらご購読ください。
rakra 大人のための北東北エリアマガジン_e0148212_13484894.png




by ihao | 2019-02-22 13:44 | 記事、雑誌 | Comments(0)

天王追分の家

次回内覧会を予定しています「天王追分の家」潟上市
こちらは平屋の邸宅となります。最近は平屋の要望も多くなってきていますね。興味が有る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
天王追分の家_e0148212_13303397.jpg
矩形プランに切妻屋根といった形態的にはごくごくシンプル。だからといってつまらないのかといえば、そんなんことはありません。ご期待ください。

天王追分の家_e0148212_13380002.jpg
天王追分の家_e0148212_13342851.jpg






by ihao | 2019-02-20 13:39 | 新築 | Comments(0)

がんばろう東北!Bridge Over Troubled Waterで!
by ihao
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月

最新のコメント

突然のご連絡失礼致します..
by タウンライフアフィリエイト運営事務局 at 10:02
丁寧なご紹介ありがとうご..
by ame-no-michi at 08:20
アイラ島の隣はジュラ島で..
by ihao at 21:49
先日はお邪魔しました(*..
by tainosashimi at 19:35
> ame-no-mic..
by ihao at 14:37
だいぶできてきましたね。..
by ame-no-michi at 10:20
良さそうですね。でも結構..
by ame-no-michi at 08:58
一個下さい。よろしく
by さん at 16:40
最近、非電化工房の煎り上..
by ame-no-michi at 15:37
野点コーヒー、美味しそう..
by 工藤 亜希子 at 12:57

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル